修繕・リペア工事 施工事例

【施工事例】穴が空いてしまった流し台シンクのリペア補修

 

 

現地を確認してみると、傷は深く刻み込まれ大きく穴が空いてしまっています。

 

養生テープで応急処置をしてありましたが、穴から入り込んだ水がどこからともなく染み出している状態となっていました。

 

パテ充填を行い穴を塞ぎ、水漏れを止める

修繕作業に取り掛かっていきます。まず、シンク裏側のえぐれた金属部分を研磨し平らにならし、ステンレスの板を張り付け補強を行います。

 

裏側の補強を行った事により、シンク表面から穴部分をパテ埋め処理する事が出来るようになりました。

金属用パテを充填し、硬化を待ちます。ちなみに、この段階で既にシンク下への水漏れ修繕の目的達成できています。ですが…

 

パテを研磨し形を整え、スプレー塗装で新品同様に仕上げる

水漏れが止まっても、見た目が不格好なまま引き渡す訳にはいきません…!パテが硬化した後、目の細かいサンドペーパーで平滑にならしていきます。

仕上がりを左右するので、完全に平滑になるまで根気よく作業を続けます。

 

綺麗にパテを均す事ができました。

 

 

色付けのスプレー塗装を行う前に、シンクに塗料がしっかり密着するようにプライマーを吹き付けます。

 

シンク穴のリペア補修が完了!

最後にシルバーのスプレー塗装で仕上げ作業を行えば、流し台シンク穴のリペア補修は完了です!

 

穴が有った事が分からない程の出来栄えとなり、お客様にも大変満足して頂けました(^^)

 

 

業務フロー

  • お問い合わせ
    お問合わせ
    電話やお問合せフォームなどでお問合せをいただきます。
  • ヒアリング
    ヒアリング
    お客様の状況・ご希望を詳しくお伺いします。
  • お見積もり
    お見積もり
    ご要望を元にお見積もりをいたします。
  • 着工・お引渡し
    着工・お引渡し
    着工し、お客様にお引渡しをいたします。
  • お支払い
    お支払い
    お引渡し後、費用のお支払いとなります。

 

 

お仕事のご相談

    必須お名前
    必須ふりがな
    必須メールアドレス
    必須お電話番号
    ご住所
    ご相談内容
    添付ファイル
    (5MBまで jpg、png、gif、pdfのみ)
    必須メッセージ本文

    サイト内コンテンツを検索

    -修繕・リペア工事, 施工事例